レビュー

気になるMVNOの格安SIMを試してみよう!『mineo編②』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

au端末に使えるMVNOのmineoが届きました。

2015-02-17 14.43.15

契約プラン

mine

デュアルタイプの1GB(月額1,576円)にしてみました。

※別途新規契約事務手数料3,240円

今持ってる楽天SIMがデータのみなので通話も試してみようかと。

SIMサイズはnanoSIMで契約したので使う端末(xperia z1)に合わせてmicroSIMに変換。

※auの場合、去年の夏モデル(Android)くらいからnanoSIM。

2015-02-17 14.44.21

一番気にしていた部分は、

au独自の「SIMロック」というか「端末ロック」というか。

DocomoやSoftbankの場合、

契約中のSIMをどの端末(中古で買ってきたりとか)にさしても利用できるのに対し、

auは契約時の端末でしかそのSIMが使えない。(例外端末もあるみたいだけど)

中古のau端末買っても、ショップにいって「端末ロック解除(2,160円)」をして

ようやく利用できるようになるんだけど、結局はそのSIMしか使えないという。。。

※解除というより、端末とSIMのひもづけみたいな感じ。

その心配もあってさしてみるまで使えるかどうか不安でしたが大丈夫でした。

設定方法

まず、「設定」->「その他設定」を選択

※Wi-FiはOFFにしましょう。

Screenshot_2015-02-17-19-26-14

「モバイルネットワーク」を選択

Screenshot_2015-02-17-19-26-26

「高度な設定」を選択

Screenshot_2015-02-17-19-26-30

「CPA設定」を選択

Screenshot_2015-02-17-21-27-33

説明書に記載の

ネットワークID/APN/ユーザーID/パスワードを入力し、

認証タイプをCHAPにしたら「保存」

Screenshot_2015-02-17-19-26-52

1つ前のページに自動的に戻るので、

「CPA接続」にチェックを入れて完了!

CPA接続の下にある「現在利用できません」の部分は、

Wi-FiをOFFにすると、

「接続しました:mineo」に変わります。

Screenshot_2015-02-17-19-27-08

通信速度は特に違和感なくいつもどおりって感じでした。

だいたい家か事務所にいてWi-Fi環境なので毎月1GB使わないし、

音声通話もできて月々1,576円なら十分ですね。

 

ちなみに通話は20円/30秒(IP電話(050)も利用可能)

デュアル契約でのデータ通信は「4G LTE」と「3G」も使えます。

※シングル契約(データ通信のみ)だと「4G LTE」のみ

あとは、MNPも可能なので、今回取得した番号でDocomoやSoftbankに乗り換えとかもできます。

さらに、契約自体はよくある2年縛りではなく、1年縛りなのでお試しでもいいのかなと。

 

「マイネオ」使ってみたい?アンケート!はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/kir547654/public_html/webattendant/blog/wp-content/themes/xeory_extension/lib/functions/bzb-functions.php on line 298